プログラム || 鹿屋体育大学 国際武道シンポジウム

武道の「心」を伝え育む -「礼法」再考- 2008年12月7日開催

鹿屋体育大学 国際武道シンポジウムは2008年12月7日に開催いたしました。

プログラム

鹿屋体育大学 国際武道シンポジウムのぼり

午前の部

  • 柔剣道ワークショップ : 9時00分~10時20分
  • シンポジウム : 11時00分~

午後の部

  • シンポジウム : 12時45分~17時00分

午前の部

柔剣道ワークショップ (9時~10時20分)

ワークショップ

  • 【場所】:武道館
  • 【受付】:8時30分~
  • 【趣意】:「技をレベルアップし、礼法のセンスを身につけよう」
  • 【講師】:柔道 棟田康幸氏 (講道館五段) / 剣道 宮崎正裕氏 (教士七段)
シンポジウム
  • 【場所】: 水野講堂
  • 【受付】: 10時00分~
一 開会式 (11時~)

福永哲夫大会会長(学長)挨拶

二 本学教員による発話
三 演武

昼食

本学教員のポスター発表

午後の部

  • 【場所】: 水野講堂
  • 【時間】: 12時45分~16時45分(予定)
一 基調講演

基調講演

二 パネル・ディスカッション
1.パネリスト紹介
2.パネリストによる発表
3.コメンテーターによる講評
4.総合討論

総合討論

三 閉会の辞
  • 松下雅雄大会副会長 (教務担当副学長)